誰が私を殺したのか~紅也の場合~ Zoom

誰が私を殺したのか~紅也の場合~

この商品の最初のレビューを書く

商品番号: cdn4580389880401

誰が私を殺したのか~紅也の場合~
発売日:2017年10月31日
定価:2,778円+消費税
ブランド:OperettaTre
ジャンル:女性向けシチュエーションCD
JANコード:4580389880401
原画:和田ベコ
シナリオ:堀川ごぼこ
出演:テトラポット登
初回特典:初回ロット分のみSS小冊子付属


【ご注文の前にメールの受信設定をお願い致します】
●携帯メールの場合「ドメイン指定」が必要です。ドメイン「@seagull-game.com」
※未設定の場合、セキュリティ初期設定によりメールが届かない可能性がございます。
●Yahoo、Googleなどフリーメールアドレスをご利用の場合、迷惑メールフォルダに分類されてしまう可能性がございます。

※発売日後はお取り寄せ商品となりますので出荷までにお時間を頂く場合がございます。
3,000円
商品説明

    詳細

    幾度でも、ワタシは愛故に殺される。

    各界の令嬢令息が通う、瑞樹幼稚舎。
    その中でも影響力を持つのは、保泉家、辻家、高円寺家、市松家の四家。
    彼らは家族ぐるみで仲が良く、親同士も幼馴染の関係だった。

    十五年前――そんな瑞樹幼稚舎で大事故が起きる。
    奇跡的に生き残った児童は、主人公だけ。
    遺された遺族は心に傷を負い、次第に精神を蝕まれていった。
    壊れていく妻たちを見ていた夫たちは思った。
    「愛を注ぐ対象を迎え入れよう」と。

    ほどなくして、それぞれの家には養子が迎えいれられた。
    引き取られた彼らには、唯一生還した主人公の世界が彩られるようにと、新しい名が与えられた。
    かくして彼女の世界は優しく彩られ、幸福の内に終わると、誰もが信じていたが……。


    誰かが言った。――「集められた理由から既におかしかったんだ。おかしくなるのは、むしろ自然だろう?」

    誰かが問うた。――「知ってるか? 俺たちの色が混ざると、どんどん暗い色になっていくんだ。みんなに犯されたお前は、もう白くはなれないんだよ」

    誰かが嘆いた。――「こんなこと、許されないと知ってる」

    誰かが笑った。――「さて、今日も染めてあげよう。心配しないで、おかしくなっても愛してるよ」

    誰かが呟いた。――「もう殺すしかない」と。


    Operetta Treが贈る、『耳で感じる乙女ゲーム』シリーズ最新作!
    愛憎が引き起こした一つの事件が、別視点、そして別の未来で語られる――全四部作の第三弾。

    ©Operetta Tre
追加情報

    追加情報

    年齢制限 18歳以上推奨
    発売日 2017/10/31
商品レビュー

    あなたのレビューを投稿する

    レビュー中の商品: 誰が私を殺したのか~紅也の場合~

商品のタグ

    半角スペースでタグは分割されます。タグがフレーズの場合にはシングルクオート(')で括ってください。

CMS tab