, , , , , ,

オランピアソワレ 限定版【オリ特】4/16発売

在庫状況

在庫あり (入荷待ちすることができます)


オランピアソワレ 限定版
発売日:2020年4月16日
定価:8,500円+消費税
ブランド:アイディアファクトリー
ジャンル:女性向け恋愛ADV
JANコード:4995857096428
イラストレーター:さとい
シナリオ:片桐由摩
ディレクター:渡邉渡
オリジナル特典:
①A3オリジナルタペストリー
② アクリルフィギュア
③ オリジナルブロマイド2種
予約特典:ドラマCD「天供島へようこそ! 男達のおもてなし!」
無くなり次第終了となります。

※発売日後はお取り寄せ商品となりますので出荷までにお時間を頂く場合がございます。

¥10,450 (税込)

在庫あり (入荷待ちすることができます)

特典情報


【シーガルオリジナル特典  ※限定版のみ】

①A3タペストリー

②アクリルフィギュア

③オリジナルブロマイド2種


限定版特典 
●特典小冊子
●ドラマCD「ネタバレ解禁! 未来への架け橋オラソワ座談会!」


予約特典 ※無くなり次第終了となります。
●ドラマCD「天供島へようこそ! 男達のおもてなし!」


 

商品説明

これは辿り着いていたかもしれないもう一つの神話の物語

◆世界観

朽ちた葦の舟に乗り、その者は流れ着いた。
彼はそこに島を創り、【天供島(てんぐうとう)】と名付けた。

彼は次に【赤】【青】【黄】の色を創り、その色をさらに二つに分かち、男と女を創った。
彼の名は卑流呼(ひるこ)―――これが人の誕生である。

それから、幾何の時が過ぎ―――。

色とりどりの人々が住まう天供島では、
色別の格差社会が生まれていた。

色を保持する為に、組み合わせによる交配が義務づけられ、
生まれ持った色で階級が決まる。
原始の色に近いほど階級は高く、遠いほど低い。

ある日のこと、突如太陽の輝きに翳りが見え始めた。
徐々に長くなる夜が人々に恐怖を与える。

夜が全てを支配してから間もなく、
【黄】の長が一人の少女を舞台に立たせた。

少女は舞う。
すると―――不思議と太陽が輝きを取り戻し始めた。

以後、少女は舞い續けた。
太陽を輝かせる為に。

◆ストーリー

【白】の少女が舞うと夜が遠離る。

自らを「オランピア」と名乗り、
人形のように微笑むこともなく、
人形のように舞い續ける彼女を
人々は敬い、恐れていた。

命よりも色を重んじる天供島で、
彼女はたった一人しか存在しない色を持つ。

稀少な【白】を途絶えさせないために
ここで18歳を迎えた彼女は交配相手を捜さねばならない。

『天女島で産まれた貴女は特別なのです』
『この島のどんな色の男でも自由に選ぶことができます』

過去の出来事から外界との交流を拒んでいた彼女は
亡き母の言葉を信じて一歩を踏み出す。

本当の自分を愛してくれる者を見つけるために。
自分が求める魂の半身と出逢うために───

◆キャラクター紹介

▼オランピア ※名前のみ変更可能
CV:なし
台詞:「私の魂の半身……本当にそんな人がいるのかしら。いいえ……いて欲しい」
キャッチ:天命/生命

唯一存在する【白】の少女。
太陽を輝かせることができる舞手であり、「オランピア」と呼ばれている。
18歳の誕生日を迎えたことをきっかけに夫捜しを始める。
白鼠の「だいふく」を飼っている。

▽だいふく
CV:堀江 瞬
台詞:「キキキッ!(大丈夫です! 比売様の半身はいますよ!)」
月黄泉に仕える白鼠の一族。
鼠三兄妹の中で長兄にあたる。
地上を彷徨っていたところ、現在の飼い主であるオランピアに出会う。
食べ物には目が無く、特に大福餅が好き。

▼朱砂(アカザ)
CV:松岡禎丞
台詞:「何としても【白】を守り、残さねばならない」
キャッチ:業/愛

中立組織「コトワリ」の若き所長。
オランピアの保護条例を出し、彼女の夫捜しを促す。
冷静沈着で、一切私情を挟まないところから『鉄仮面』と呼ばれているが、
面倒見はよく、陰になり日向になり主人公を手助けする。

▼玄葉(クロバ)
CV:杉田智和
台詞:「婿捜しなら男が沢山いそうな場所に行くべきだ。それとも俺とデートとか」
キャッチ:未開/未来

中立組織「コトワリ」の副所長。
免疫研究に力を注いでいる医学博士だが、主人公を見るとからかわずにいられない性格。
空気を読むことに長け、場を明るくするみんなの兄的存在であるも、
内心では色層という階級制度には強い反発を覚えている。

▼璃空(リクウ)
CV:島﨑信長
台詞:「手形がない者を通すことは出来ません」
キャッチ:戒/絆

黄泉警邏隊に所属する軍人。
黄泉に繋がる鳥居の警備と巡回が主な役目。
「拔」の優秀な使い手であり、次期【青】の長を約束されているため、
自らの役目を果たそうと日々精進している。

▼天草四郎時貞(アマクサシロウトキサダ)
CV:上村祐翔
台詞:「僕は【緑】の天草四郎時貞。仲良くしてくれたら嬉しいです」
キャッチ:瑕瑾/発芽

天供島に漂着したマレビトの一人。
【緑】に帰化したため、【緑】の長の元で暮らしている。
以前の記憶は残っているが、多くを語ろうとしない。
だいふくの弟である白鼠の「パリス」を飼っている。

▽パリス
CV:上村祐翔
台詞:「キキキッ、キキキ(お初にお目にかかります、比売様。愚兄をお世話いただき有り難うございます)」
月黄泉に仕える白鼠の一族。
鼠三兄妹の中で次男にあたる。
死菫城で時貞と出会ってから彼に仕えている。
落ち着いた性格だが、だいふくには厳しい。

▼縁(ヨスガ)
CV:内田雄馬
台詞:「美しいお嬢さん、恋の行方を占いませんか」
キャッチ:断罪/救済

黄泉で一番大きい店である湯屋「死菫城(しきんじょう)」の主人。
自ら「地獄太夫」と名乗り、黄泉を仕切る権力者でもある。
特技の占いと、自慢の薬湯で客をもてなしている。

▼ヒムカ
CV:堀江 瞬
台詞:「この世界から消えたいのなら消してあげましょうか」
キャッチ:死/生

「弔い屋」と呼ばれる少年。
非常に強い拔の力を持っており、日々黙々と死者の魂を晶に変えている。
人と関わることを避けるため、彼自身のことを知る者はほとんどいない。

■ スタッフ

イラストレーター:さとい
シナリオ:片桐由摩
ディレクター:渡邉渡

©2020 IDEA FACTORY